すみれ以外のなんでもブログは「はじっこノート」で
「週刊菫曜日」内を検索  

2012年09月21日

名前:葉の様子から(特別編)

ニョイスミレ(如意菫)
ニョイスミレ
'12.05.17

葉の様子からつけられたすみれの特別編です。
なぜ特別かというと 特別ゲストがいらっしゃいます。

それは〜 和尚さんが 特別参加してくださいました!
如意
仏事で使用される如意というものです。
いしのまきのはじっこの家で檀家になっているお寺で 如意がどんなものか見せていただけるか伺ったら みせていただきました。携帯で写真を撮ろうとして 壁に立たせようとしたらうまくいかず 持っててあげるといわれて ありがたくモデルになっていただきました。あまり時間を撮っちゃ悪いと思い ピントが合ってなさそうだと思いつつあせって撮りました^^;

お寺やお墓の用事が済んだあと 和尚さんにちょっとちょっとと呼ばれて行ってみると 別のがあるといって出してきてくださったのが3番目のものです。和尚さんが衣を着替えてから肌着姿だったのでモザイクを・・・^^;

〈ちなみに 3番目の如意に書いてある字 「慕古心(もこしん)」とは「道元禅師のたくさんの教えを学び実践すること」 のようです。要約しすぎたかな(^^ゞ 〉


さて 本題です。
ニョイスミレ(如意菫)
ニョイスミレ
'12.05.27

仏具の「如意」(孫の手のような形の威儀具)の形に葉が似ていることからだそうですが、どんなものかよくわからないので お寺に行ったときについでにうかがってみたわけです。

さて 似てるでしょうか。どんな形の如意から名づけられたのかわからないですが。

葉っぱというより 花のほうが似ているような気がしますが・・・
立ち上がった時の 葉の様子が似ているのかなあと思わないでもないです。それともまだ開かないで巻いている状態の葉でしょうか。


ニョイスミレは別名ツボスミレ(坪菫)といいますが 坪は庭のことで 普通にみられるからとのことらしいです。

--------------------------------

如意は 孫の手のように背中を掻いたりする日用品?だったようですが 自在に手の届かないところもかけるということで如意と呼ばれたとか。。。それがお坊さんが読経や説法の際に持つものになったいきさつは 話せば長くなるのでしょうか(^^ゞ
如意は 笏(こつ)ともいい 公家では笏をしゃくと呼んで ヘラの長いような形になったらしいです。
お坊さんもお公家さんも 権威や威儀を正すものとなっています。
(如意と笏が完全に同じものなのかどうかよくわかりませんでした。)
posted by vol | Comment(4) | 名前の由来 | e r
この記事へのコメント
TITLE: 花が似ている?
おもしろい写真が取れましたねぇ。

以前、書籍で見て、葉が似ていると思ったのですが、こうして見ると、確かに花の方が近い印象ですね。
Posted by NYANです at 2012年09月22日 22:10
TITLE: NYANさん
如意の正体が あまりはっきりしてなくて どっちの形を見立てたのかわからないです。
やっぱり 丸っぽい雲の方でしょうかね〜。
ニョイスミレの葉っぱって 先がちょっと下向きになってるような気もしてきました(^^ゞ
Posted by vol at 2012年09月22日 22:44
TITLE: 丸っぽい雲の方
如意って、インターネット通販アイテムなんですね。(⌒▽⌒)

幾つか見ると、それぞれ個性があって、微妙に形や全体の雰囲気が違うようです。

volさんの写真を見るまで、葉が展開する前のくるんとした姿だと思っていました。
つまり、丸っぽい雲の方!
でも、なんだか、花も似ていると思ってしまったら、分からなくなってしまいました(笑)。
Posted by NYANです at 2012年09月23日 19:33
TITLE: NYANさん
ありゃ〜 NYANさんもわからなくなってしまいましたか(~_~;)
最初につけた方に聞いてみたいもんですね〜
通販で買えるんですか。知らなかった。
まあ 買いませんけどね〜。
今 おっとに 「通販で買えるんだってよ〜」 って言ったら 受けてました(^o^)
Posted by vol at 2012年09月23日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

すみれ想すみれのたよりMy すみれだより>週刊菫曜日