すみれ以外のなんでもブログは「はじっこノート」で
「週刊菫曜日」内を検索  

2016年02月12日

『野ざらし紀行』とすみれ

”『野ざらし紀行』とすみれ”(山根悠謳)という本を買いました。
nozarasikikousumire.jpg

2013年1月1日発行の薄い本です。新刊では買えず古本を買いました。
五回にわたり芭蕉のあとを追って旅したエッセイです。9ページ目から58ページまでの実質49ページで選書版サイズ(?)で薄く 字が大きめなので あっという間に読めそうですが のんびり読んでみました。東日本の大震災の後のことで そのことも数行でてきます。
芭蕉のあとを追って何日かわけて歩いた随筆となっています。 
芭蕉のすみれの句「山路来てなにやらゆかしすみれ草」について、どのようなルートを歩いたのか、すみれをみたのはどこなのか、など筆者が推理したことが書かれています。どう推理したかはおいときます^^;
すみれは タチツボスミレかエイザンスミレかなあとかかれていて そのことにはあまり力を入れていません。その点がもう少し詳しく知りたかったです。
 どういう時に どのように作られて 野ざらし紀行執筆時に入れられたかという事を導く過程です。
といってもむずかしくいじくっているわけではないので さらっと読めます。

最後の一文は
’五回にわたる芭蕉追跡の旅は、私にとって新たな”『野ざらし紀行』創造の旅”にもなっていたのだ。’
で この文は 帯の後ろにの取り上げてありました。

内容とは関係ないことでちょっと不満が・・・
表紙のすみれの絵は あんまりあわない気がしました。

posted by vol | Comment(0) | TrackBack(0) | 資料など | e r
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173591774
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

すみれ想すみれのたよりMy すみれだより>週刊菫曜日