すみれ以外のなんでもブログは「はじっこノート」で
「週刊菫曜日」内を検索  

2018年02月16日

名前:ヒメスミレ,アイヌタチツボスミレ

名前シリーズ4回目
ヒメスミレとアイヌタチツボスミレ
ぜんぜん組み合わせに意味はありません。 支離滅裂(^_^;)

ヒメスミレ 姫菫
姫というのは やっぱり小さくてかわいいということだと思います。

その名のとおり とても小さくて5cm前後です。街中の隙間で会えるのがうれしいです。
ヒメスミレ
'14/4/11 ヒメツルソバと

その中でも小さかったのを1円玉と比べてみました。
ヒメスミレ
'12/4/15

学名は
synonym(異名)がいっぱいありましたが 意味を調べたら面白いのかもしれないけれど気力が出ないので
標準だけ
Viola inconspicua Blume subsp. nagasakiensis (W.Becker) J.C.Wang et T.C.Huang 

種小名 inconspicua=目立たない、非常に小さい、引き立たない、など
 和名と同じ感じです。
命名者
Blume= カール・ルートヴィヒ・ブルーム Carl Ludwig Blume (1789–1862)

ここまで基本種 日本にはないようです。それの亜種で

subsp.(亜種)
種小名 nagasakiensis= 長崎地方の
 日本の分布は本州〜九州
命名者
(W.Becker) J.C.Wang et T.C.Huang
W.Beckerが先に命名 後に
J.C.Wang と T.C.Huang=黄攝 Tseng Chieng Huang (born 1931) 
がsubsp.(亜種)に かな?

2017年に一番印象に残っているヒメスミレです
ヒメスミレ
’17/4/10
小さいおかげで こんな隙間でもはみ出ることなく踏み潰されずにきれいに咲いていました。

******************

アイヌタチツボスミレ アイヌ立坪菫

アイヌタチツボスミレ
’14/4/25
北海道のタチツボスミレ類ということでしょうか。北海道北部では普通に見られるそうです。
本州でもほんの一部で見られます。
参考:タチツボスミレに似ていますが違いをひとつだけ
アイヌタチツボスミレ
’13/5/13
タチツボスミレには無い毛があります。ほかにも色々違うところがあります。

アイヌタチツボスミレ
’14/4/15

学名では
Viola sacchalinensis H.Boissieu

種小名 sacchalinensis=地名のサハリン(樺太)の
 分布はサハリン、中国北東部、シベリアなど

その変種に

アポイタチツボスミレ
というのがあります。
アポイ岳などでみられる、蛇紋岩の影響を受けたものです。
アポイタチツボスミレ
’15/5/31

アポイタチツボスミレ

学名は
Viola sacchalinensis H.Boissieu f. alpina (H.Hara) F.Maek. et T.Hashim. 
種小名 alpina=アルプス(山脈)の、高山生の
 高山に咲くアイヌタチツボスミレということかと。

posted by vol | Comment(0) | TrackBack(0) | 名前の由来 | e r
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182327565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

すみれ想すみれのたよりMy すみれだより>週刊菫曜日