すみれ以外のなんでもブログは「はじっこノート」で
「週刊菫曜日」内を検索  

2018年02月23日

名前:スミレサイシン,ナガバノスミレサイシン

名前しらべ5つめ

スミレサイシン 菫細辛
110429088saisin.jpg
ウスバサイシンの葉に似ていることからついた名前だそうです。 

ウスバサイシン(薄葉細辛)は↓
100509014usubasaisin.jpg
花はこんなのです
110418015usubasaisin-hana.jpg
葉を上から見ると
060422013usubasaisin-ha.jpg
さて似ているでしょうか。

スミレサイシンは花のころはふちが巻いていることが多く 葉の形がよくわかりません
140428081saisin.jpg

開いたほうですが まだぴんとしていません。
150604011saisin.jpg

花が終わって葉が伸びています。ウスバサイシンの葉に似ているといえば似ているような
120430080saisin-natua.jpg

学名は
Viola vaginata Maxim. 
種小名 vaginata=葉鞘のある、鞘になった、袋の

*すみれに葉鞘ってあるんでしたっけ もしかして無茎種は葉の付け根のところの托葉が葉柄をくるんで見えることがあるからでしょうか??
110429088takuyo.jpg
茎は太くなります。
120430080tiakkei.jpg

それとも もしかして距の形からでしょうか?
140529168saisin.jpg

距が太くて丸くて袋のようです。これかな?
150429126.jpg
スミレサイシンの仲間(ナガバノスミレサイシン、アケボノスミレ、ヒメスミレサイシンなど)はみな距がこんな感じです。

命名者 Maxim.=ロシアの植物学者 カール・ヨハン・マキシモヴィッチ Carl Maximowicz (1827–1891)

品種をひとつ
スミレサイシンの品種で白花タイプをシロバナスミレサイシン 白花菫細辛 といいます。
110610152sirosaisin.jpg
唇弁の紫条もないタイプでした。

学名Viola vaginata Maxim. f. albiflora Honda 
種小名 albiflora=花が白い
命名者 Honda=本田正次 (1887-1984)

*************************

スミレサイシンの仲間を一つ見てみます。
ナガバノスミレサイシン 長葉の菫細辛
100401055nagasai.jpg
葉が長いことからですよね。
花はスミレサイシンによく似ています。仲間ではありますが別種です。

学名は
Viola bissetii Maxim. 
bissetii=イギリスの採集家ビセット James Bisset ( 1843 - 1911 ) に由来しています
マキシモヴィッチのもとへ ビセットが日本でたくさんの植物を収集して届けられたらしいです。


ナガバノスミレサイシンの品種の白花のタイプ
シロバナナガバノスミレサイシン 白花長葉の菫細辛
紫条が残っててもいいらしいですが 純白のタイプがありました。
140411010sironagasai.jpg

学名 Viola bissetii Maxim. f. albiflora Nakai ex F.Maek. 


posted by vol | Comment(0) | TrackBack(0) | 名前の由来 | e r
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182362276
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

すみれ想すみれのたよりMy すみれだより>週刊菫曜日