すみれ以外のなんでもブログは「はじっこノート」で
「週刊菫曜日」内を検索  

2022年08月05日

群馬県

群馬県は毎年のように観察会や 別の場所でも詳しい方や花ともさんと、おっとととか 色々訪問しています。今まで出会ったすみれを集めてみました。まとめてみるとずいぶん色々会わせていただいています。
(各画像は大きい画像にリンクしています。)

アカネスミレは白っぽいのも
gm-akane-genji-makino520.jpg

アケボノスミレはほぼ白い準白という感じのも
gm-akebono-saisin520.jpg
スミレサイシンとカタクリのツーショットはやっぱり撮っておきたくなります

タカオスミレと言っていいのか 葉の裏まで暗紫色のがありました。
gm-hikage-eizan520.jpg
エイザンスミレもほぼ白いのが

gm-hina-ko520.jpg
ヒナスミレのミドリたいぷがありました

フギレコスミレ(コスミレ×エイザンスミレ)
gm-hugireko-higo-hiratuka520.jpg
ヒラツカスミレ(ヒゴスミレ×エイザンスミレ)

フモトシハイスミレ(フモトスミレ×シハイスミレ)かな
gm-humotosihai-ariake-sakura520.jpg

gm-ibuki-nioitati-hitotubaezo520.jpg

スミレの花弁が多いのがいました。花が二つ一緒になってしまった感じです。
gm-mand-mitumori-komagatake520.jpg
ミドリミツモリスミレ(フモトスミレ×マキノスミレ)
コマガタケスミレ(フモトスミレ×スミレ)

gm-miyama-tisima-aoi-ezoaoi520.jpg
今までで一番混んでたエゾアオイスミレにびっくり!

ナエバキスミレの名所も群馬県
gm-naebaki-miyamatubo520.jpg

白っぽいノジスミレのところへ連れて行っていただきましたが時期が過ぎていました
gm-noji-hime-maruba520.jpg
一面のヒメスミレの場所
マルバスミレとイヌナズナの組み合わせ好きです。

ニョイスミレの純白のシラユキスミレにあえました
gm-nyoi-sanin520.jpg
群馬県でも山陰型のタチツボスミレ(名前が決まっていない)が居ました。

オクタマスミレ(ヒナスミレ×エイザンスミレ)
gm-okutama-suwa520.jpg
スワスミレ(ヒカゲスミレ×エイザンスミレ)

タナオスミレ(フモトスミレ×ヒゴスミレ)
gm-tanao-kikkubahina520.jpg
キクバヒナスミレ(ヒナスミレ×ヒゴスミレ)

gm-oobatati-oobaki520.jpg

オサカスミレ(ヒカゲスミレ×ヒナスミレ)
gm-osaka-sihai-humoto520.jpg

gm-tatitubo-ootati-murakami520.jpg
ムラカミタチツボスミレ(オオタチツボスミレ×タチツボスミレ)

【県ごとの思い出の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189649770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

すみれ想すみれのたよりMy すみれだより>週刊菫曜日